スマートフォン用の表示で見る

STAP細胞

サイエンス

STAP細胞

すたっぷさいぼう

動物の体細胞の分化の記憶を消去し、全能性に近い性質を持つ細胞へと初期化された細胞

概要

理化学研究所2014年1月に発表し命名。「STAP」とは初期化現象を示す「刺激惹起性多能性獲得(stimulus triggered acquisition of pluripotency)」を意味する。これは遺伝子導入により多能性を獲得する「iPS細胞」の樹立経路とは全く異質のものである。

それまで動物細胞の自発的な初期化は起きないとされていたが、酸性溶液による細胞への刺激や、細いガラス管に細胞を多数回通すなどの物理的な刺激、細胞膜に穴をあける化学的刺激といった、細胞外刺激による細胞ストレス初期化を引き起こすことが実証された。今後は再生医学や、老化・がん・免疫など研究への応用が研究される。

2014年3月6日、作製に関する実験手技解説を「Nature protocol exchange」で発表*1

画期的な点

  • 細胞外から刺激を与えるだけで動物細胞初期化を起こすことはできないとされていた常識を覆した。
  • 体細胞に人工的な処理を施して得られる多能性細胞iPS細胞があるが、これと比べてSTAP細胞はより簡単な作業で作成可能。
  • STAP細胞そのものはあまり増殖しない。しかし、副腎皮質刺激ホルモンを含む培養液中で育てるとES細胞と同じ程度の高い増殖能を持つ「STAP幹細胞」が得られることが明らかになっている。
  • STAP細胞マウスの胎仔部分だけでなく、胎盤や卵黄膜などの胚体外組織にも分化可能である(ES細胞iPS細胞は胚体外組織には分化できない)。

論文への疑義

概要

STAP細胞に関する論文では、さまざまな組織になる万能細胞を簡単な手法で作れると発表されたが、論文が発表された後、世界中の研究者がその再現を試みたにもかかわらず、小保方晴子研究ユニットリーダーのチーム以外に誰も再現できなかったこと、論文で別々の実験結果とする画像が酷似していること、画像データの加工疑惑、文章の無断引用の疑いが相次いで指摘されたことなどを受けて、理化学研究所調査委員会を立ち上げ、事実関係についての調査を行った。

2014年3月14日、理化学研究所野依良治理事長らが都内で記者会見し、論文の画像は小保方晴子研究ユニットリーダーの3年前の博士論文と同じと言わざるを得ないとする中間報告をまとめ、公表した。このなかで、調査委員会論文の6点を調査、うち2点はデータの取り扱いに不適切な点はあったが不正に当たらないとし、残り4点は継続して調査が必要とした。ただし、研究チームの複数のメンバーは、STAP細胞そのものについては、作製できたとする主張を変えていない。

また、併せて研究の中心となった小保方晴子研究ユニットリーダーと理研発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長ら共著者は、論文取り下げの意向と「心からおわびする」との謝罪を記した文書を発表した。これにより、STAP細胞の成果は、白紙に戻る可能性が高くなった。

2014年7月2日、英科学誌ネイチャーにより、STAP細胞論文2本を撤回したと発表*2

続きを読む