SUPER AGURI F1 TEAM

スポーツ

SUPER AGURI F1 TEAM

すーぱーあぐりえふわんちーむ

2006年よりF1に参戦した新規参入チーム。

鈴木亜久里が代表を務め、ホンダV8エンジン、ブリヂストンタイヤで挑む純日本チーム。

チームの所在地は東京

デビュー年のシャシーは2002年に撤退したアロウズの「A23」を流用した「SA05」を最初に使用。

同年ドイツGPより「A23」をベースにした新設計の「SA06」が投入された。

幹部スタッフの多くが旧アロウズに在籍しており、活動の拠点もイギリスラングレーにあるアロウズが使用していたファクトリーを使用。

初年度のドライバーは佐藤琢磨井出有治

第五戦ヨーロッパGPからは、井出はテストドライバーに降格し、フランク・モンタニーフランス)が出場、後に山本左近となる。

当初「SUPER AGURI Formula 1」の名称で活動していたが、「Formula 1」の名称をチーム名に用いる事がコンコルド協定に違反しているとの指摘を受けシーズン途中から「SUPER AGURI F1 TEAM」へと改称した。

2006年限りで「オールジャパン」の看板を下ろし、2007年はアンソニー・デビッドソンを新ドライバーに迎え入れた。

2007年のシャシーは、前年のホンダRA106をベースにしたと言われるSA07。これはカスタマーシャシー問題で現在係争中。

2008年、資金難によりスペインGPを最後にF1を撤退する。