スマートフォン用の表示で見る

Semantic Web

ウェブ

Semantic Web

せまんてぃっくうぇぶ

Tim Berners-Lee により提唱された次世代のWeb

Web上のコンテンツにメタデータを付加し、マシンリーダブルなWeb空間を構築しようという壮大なアイデア。

5段階の発展モデルを想定し、最終段階では「Web上のデータに基づく自動推論」を可能とする規格やインフラ標準化を目指しているが、標準化はまだ第二段階〜第三段階前後で停滞している。

Semantic Webの方向性を判りやすく説明すると、現在mashupとして手作りされている 「複数サイトの情報やサービスの連携」を、現在の検索エンジンのようにパワフルな半自動〜全自動サービスへと進化させる試みと言えよう。そのために

  • サイトやページに付加するヒント情報の標準化
  • その背景にある用語や概念のバラツキを整理し、(半)自動的に体系化する仕組み
  • 「常識」や「推論」の知識工学的な取り扱い

等が研究されている。

WWWを改革する画期的な技術といわれるが、ただ目の前の流行を追うだけの軽薄な人々は「もうおわた」等の否定的見解を述べて周囲をあきれさせている。