Snow Patrol

音楽

Snow patrol

すのうぱとろーる

オフィシャルより

1994年グラスゴーのDundee大学の学生だったギャリーとマークが出会い、 好きなバンドが同じだったことから意気投合したのがスノウ・パトロールの始まり。 始めはPolar Bearというバンド名を使っていたが、ジェーンズ・アディクションの 元ベーシストのEric Averyがすでにこの名を使っていたために、 同じく冬の響きを持つスノウ・パトロールに改名した。ベル&セバスチャンが所属するスコットランドのJeepster Recordsとサインし、 ドラムのジョニーが加入し、 1998年デビュー・アルバム『Songs For Polar Bears』をリリース。 バンド全員が好きなバンド――ピクシーズダイナソーJr.サウンドガーデン といったアメリカのバンドやマイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、 スーパーファーリー・アニマルズなど――の影響が現れたアルバムだった。 2001年にはセカンド・アルバム 『When It's All Over We Still Have To Clear Up』をリリース。 Jeepster Recordsから離れ、本作『ファイナル・ストロー』のレコーディングを 開始。並行してギャリーはアイドルワイルド、アラブ・ストラップティーンエイジ・ファンクラブのメンバーなどと共にスコットランドの スーパー・プロジェクト・バンド、レインディア・セクションに参加、 Summer Sonicで日本のステージを踏んでいる。なお、バンドは全員アイルランドベルファスト出身。『ファイナル・ストロー』のデモを聴いたポリドールが契約を獲得し、プロデューサーテクノ界で有名なギャレット・リーを迎え、ギターのネイサンが加入し(バンドに入る前はHMVで働いていた)、アルバムは完成。UKではアルバムは2003年秋にリリースされ、2004年1月にセカンド・シングル「ラン」が全英Top5入りしたのをきっかけに、アルバムも3週連続Top 10入り(最高位3位)と大ブレイクし、現在プラチナム・アルバム(45万枚)。1月にはNME Brats showに出演、3月は全英ツアー&アメリカのSXSWに出演。3月30日にはアメリカでアルバムがリリース、4〜5月全米ツアー。夏にはUKヨーロッパのフェスティヴァルに出演、日本のFUJI ROCK FESTIVALにも出演する(7/30、RED MARQUEE)。