スマートフォン用の表示で見る

Soft Machine

音楽

Soft Machine

そふとましーん

60〜70年代に活動したプログレッシヴ・ロック・バンド(初期はサイケデリック・ロック)。後にフランスのバンド「ゴング」のリーダーとなるデヴィッド・アレンが、ケヴィン・エアーズロバート・ワイアット、マイク・ラトリッジと共に1966年に結成。バンド名はウィリアム・バロウズの小説から。デヴィッド・アレンは麻薬・ビザ問題でフランスからイギリスに入国できずに脱退。ファースト・アルバム「Volume 1」のメンバーはロバート・ワイアット、ケビン・エアーズ、マイク・ラトリッジ。セカンド・アルバム「Volume 2」でケヴィン・エアーズは脱退(ソロに転身)。ケヴィン・エアーズの代わりにヒュー・ホッパーが加わる。「Volume 1&2」では比較的ユーモラスな曲調だったが、「THIRD」では音に重みが増す。ロバート・ワイアットは脱退後に事故で半身不随になり、ソロとして活動する。後期はカール・ジェンキンス?や、アラン・ホールズワース(「Bundles」に参加)などのテクニカルなミュージシャンが加わり、ジャズロック色が強まる。