Swing MASA

音楽

Swing MASA

すぃんぐまさ

ニューヨーク市ハーレム在住のサキソフォニスト。

(以下ホームページより抜粋)

 中学入学と同時に吹奏楽部サックスを吹き始める。高校時代、John Coltraneの"My Favorite Things"を聞いて、大きなインパクトを受けたことがきっかけとなり、Jazzへと傾倒してゆく。またこの時期から、種々の社会矛盾に強い憤り興味を感じる自己を意識するようになる。1979年頃からウーマンリブの洗礼を受け、それまで自分が見たことがなかった、女性のジャズサックス奏者を目指すことを決心する。様々なバンドでの活動を経た後、1987年、友人、支援者の出資金で、New Yorkへと渡り、そこで様々なJazz体験をかさねる。1996年、New School University Jazz & Contemporaryを卒業(BFA)。在学中、Reggie Workman,Bross Townsendらに師事する。1997年、当時出演していたJazzクラブであるBirdlandのサポートによりアーティストビザを取得。1999年、演奏活動の実績が認められ、JazzSaxphonePlayerとして、グリーンカード(アメリカ合衆国永住権)を取得。 2001年、大阪府よりプリムラ奨励賞を受賞。2003年3月、企画、運営、出演、観客すべてを女性のみでおこなうInternational Womyns' Jazz Festivalをプロデュースし、大阪府ドーンセンターで開催。New York, Harlem在住。アメリカと日本を行ったり来たりしながら演奏活動を続け、現在に至る。