スマートフォン用の表示で見る

T4 Template

コンピュータ

T4 Template

てぃーふぉーてんぷれーと

Visual Studio2005以降で利用できるテンプレート機能。

DSL Toolsの一部として提供されているため、VisualStudio SDKまたはGATをインストールして利用する。

拡張子「tt」のファイルがテンプレートと認識され、ttファイルを「保存/カスタムツールの実行/すべてのテンプレートの変換」することでテキストを生成できる。生成されたコードは同時に構文チェックされる。

Visual Studio開発を支援する目的で使用するため、アプリケーションに組み込んでテキストを生成するNVelocityやStringTemplate.NETとは若干用途が異なる。