スマートフォン用の表示で見る

THE BADGE

音楽

THE BADGE

ばっぢ

元リンドン(ARB甲斐バンドの田中一郎、チューリップ伊藤薫が在籍)の田中信昭をリーダーに、1978年「Heart Break Band」として博多で結成、その後「The Rain」として1980年に上京、1982年に中村昭二(Vo.& G.)、田中信昭(Vo.& B.)、川崎哲(Vo.& Dr.)の3人で「The Badge(ザ・バッヂ)」と改名し、レコードデビューを果たしたロックバンド。

シングル盤4枚、12inchマキシシングル3枚、アルバム1枚をリリースし、1986年に惜しくも解散。

そのサウンドは、60年代のブリティッシュビートやマージービート(The KinksThe Who、Peter & Gordon、The Holliesなど)をルーツに持ちながらも、彼らが同時代的に体験したRaspberriesやBadfingerなどの影響も受けたメロディアスでポップなもので、さらにはThe Jam(最後の来日公演ではフロントアクトをつとめた)のようにアグレッシブな側面も持っていた。そして、それらは決して「過去の音楽のノスタルジックな再現」ではなく、常に「現在」を見据えたものだった。

近年、非公式ながら海外でリリースされたパワーポップオムニバスアルバムに取り上げられたことなどから、欧米でも評価されつつあり、かつてはその存在を知ることがなかった若い世代からも「パワーポップの先駆者的な存在」と注目を集めている。

2003年になり、未発表音源がCDで発売され、続いて初期のシングルがリイシューされた。さらに、元メンバーである中村昭二が音楽活動を再開し、2003年12月に初のソロアルバム「ALL OR NOTHING」(ASIN:B0009F4CZU)をリリースした。

そして2004年9月24日には、サポートに田中一郎、山森正之(元シャムロック、現オレンジズ)を迎え、盟友・川崎哲とともに十数年ぶりのライブも行なわれ、11月には2ndソロ「MODREN WORLD」(ASIN:B00061QUEI)が発売。

さらに2005年秋には、キングレコードから発売されていたシングルの初のCD化が予定されている。

Discography

  • CD「Smash It Up! / 未発表音源Vol.1」(MMRecords, Mar. 2003)ASIN:B0009F4CZ0
  • CD「Strikes Back! / 未発表音源Vol.2」(MMRecords, Mar. 2003)ASIN:B0009F4CZA
  • CD「The Badge Is Here Again! / 未発表音源Vol.3」(MMRecords, Sep. 2004)
  • CD「TEICHIKU SINGLE COLLECTION +7 BONUS TRACKS」(MMRecords, Nov. 2003)ASIN:B0009F4CZK

※以下、オリジナルアルバム / シングル

  • シングル「ふたりのフォトグラフ」 (テイチク, Jul. 1982)*1
  • シングル「ウインクはお手のもの」(テイチク, Jan. 1983)*2
  • アルバム「TOUCH」(リバスター, May 1983)*3 ASIN:B0009G3GHE
  • シングル「A列車を飛び降りろ」(キング, Aug. 1984)*4
  • 12インチシングル「LONDON PARADISE」(キング, Aug. 1984)*5
  • シングル「OH! CAROL」(キング, Nov. 1984)*6
  • 12インチシングル「99 CLUB」(キング, Dec. 1984)*7
  • 12インチシングル「One Boy」(キング, Aug. 1985)*8

*1:「TEICHIKU SINGLE COLLECTION +7 BONUS TRACKS」に収録

*2:「TEICHIKU SINGLE COLLECTION +7 BONUS TRACKS」に収録

*3SS RECORDINGSより2004年4/25再発

*4:2005年秋、CDにて再発予定

*5:2005年秋、CDにて再発予定

*6:2005年秋、CDにて再発予定

*7:2005年秋、CDにて再発予定

*8:2005年秋、CDにて再発予定