アイマス からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

ゲーム

THE IDOLM@STER

あいどるますたー

概要

開発元の株式会社メトロ、発売元のナムコ(現・バンダイナムコゲームス)により、業務用ビデオゲームアーケードゲームとして2005年7月26日(火)全国稼動開始。

2007年1月25日にはXbox 360版が発売された。基本的にはアーケード版の移植だが、様々な変更点や追加要素がある。ダウンロードコンテンツの売上は3億円を超えている。2011年TVアニメ化。

2014年、劇場用アニメ化。


内容

プレイヤーは芸能事務所765プロダクション」の新人プロデューサーとなり、事務所に所属するアイドルの卵達をプロデュースして、彼女らをトップアイドルにすることが目的である。

筐体

ドラゴンクロニクルオンラインで使われていた筐体のリファイン。筐体カラーはナムコ往年の名コンソレット筐体「UZ」に近い緑色。

基本セットはタワーと呼ばれる背高のルーター兼デモンストレーション筐体1つと、一般にサテライトと呼ばれる操作コンソール4台から成る(設置店によってサテライト数が異なる場合がある)。

タワーの形状はドラゴンクロニクルオンラインとは異なり、大型CRTに派手なネオンライトを備えたスピーカー4台で視覚と聴覚へのアピール度が高い。

サテライトタッチパネルつきのCRTモニタとリライタブルカード(後述)のドライブを備え、レバーやボタンを持たず、ゲームの操作は全て画面の表示に応じたタッチパネル操作となっている。
タッチパネルの操作は単純に図示された箇所を押すだけではなく、コミュニケーションパートにおいては画面に表示されているアイドルキャラクタの「頭をなでる(ゆっくり往復)」「でこピン(タップ)」「頬を優しくつっつく」「手を握る(長く押さえる)」などといったジェスチャーアクションを行なうといった特色がある。

プレイ価格

基本的には、1Play 200円 / 3play 500円 ただし、設置店により価格は異なる模様

ただ、初回プレイのときのみ、プレイヤー自身の情報を登録する「プロデューサーカード」(Pと書かれている)とプロデュース中の女の子の情報などを記録する「ユニットカード」(Uと書かれている)の2枚、合計400円分を購入しなければならない。
v1.20から、初回に限り3クレジットで、Pカード・Uカード+インストラクションつき3ゲーム(初日・初レッスン・初オーディションまで)がセットになった。*2

リライタブルカード

表面の絵柄が書き換え可能な「リライタブルカード」が採用されている。
磁気情報の読み書きと同時に、消去可能な青色単色印刷技術が採用され、ユニット名・プレイ回数/ランクアップまでのリミット/獲得ファン数といったデータの文字と共に、オーディション合格後に放映されるTV収録場面にてプレイヤーが撮影できる静止画が、ディザリング処理された青色モノトーンで印刷されるようになっている。

このカードの書き換え寿命は技術上約50回であり、本ゲームにおいてはUカードがアイドルユニット1組につき1枚使い切り、Pカードは書き換え50回に1度、新しいカードを購入して更新する必要がある。この更新までの耐久度数は、Pカードの左下に「あと○○回」と印字されている。

通常カード裏面の絵柄は、キャラ別+全員集合柄で合計9種あるが、必ずしも自分のプロデュースしているキャラのカードが出てくるわけではなく。絵柄は無作為である。

余談だが、その他サントラCD等についてくる「別売りカード」に特別な絵柄が存在する。別売りカードは新規のUカードとして使用可能で、Pカードの更新には使用できない。また、ロケテ用カードは本稼動時には使えないが、裏面の柄が異なるので持っている人は幸運かもしれない。

ケータイ連動要素

  • 「メール☆プリーズ」
    • アイドルマスターケータイサイトに登録すると、時々アイドルキャラクタからプレイヤーの携帯メールアドレスにメールが飛んでくる。
    • メールの内容には前回のプレイ内容に応じたものや、次回のプレイを指定された日時の範囲内に行なうとステータスアップした状態になるボーナスメールが届くことがある。ボーナスメールの指示期間内にそのアイドルユニットでプレイすると、その1回に限りパラメータのブースト効果+テンション最高で下がらないボーナスがつき、登場時アイドルキャラクタにキラキラのエフェクトが掛かって表示されるので、通称「ワクテカ」と呼ばれる。
    • たまに、プレイしてないアイドルキャラクタから間違いメールが届くこともある(笑)。
  • 「メモリーズ☆プリーズ」
    • オーディション合格後のTV収録シーンで撮影した静止画を、携帯電話ダウンロードして待ち受け画面にできる。
    • 最後に撮影した30枚がサーバ上に保存されており、古いものから順にプッシュアウトされる。
  • ケータイゲーム「ハプニング☆ロケ」
    • アプリ対応機種ではケータイアプリで、非対応機種ではwebゲームで、アイドルキャラクタと地方ロケを回るすごろくゲームができる。
    • すごろくで獲得したスコア(視聴率)に応じてポイントが蓄積され、そのポイントはアーケードゲーム中で使うアクセサリや、プレミアム待ち受け画面に引き換えることができる。
    • ケータイゲームで獲得可能なポイントは月間200ポイントに制限されている。
      現在引き替え可能なアイテムの最高ポイントは300Pのものがあるが、その場合前月100P以上の残高を残しておいてから当月稼ぐ必要がある。
    • アプリ版ゲームでゲットしたポイントは一旦アプリ側に保留しておいて、あとでサーバーに送信することができる(月が変わってから送信することが可能)。
      ただしweb版の場合はゲーム終了(ゴール)したその場でサーバーに蓄積しなければならないので保留できない(ゴールする前に保存した状態で越月することは可能)。
  • ランキング
    • 現在の流行ジャンル・マイキャラクタのステータス・アイドルランキングなどをケータイサイト上で参照できる。
    • 「明日のラッキープロデューサー」が発表されており、そこに載ったプレイヤーは翌日プレイするとその1回限りボーナスメールと同じ効果を得る。指定されたアイドルユニットで1回限り。

楽曲でのコラボレーション


*1PSP版「THE IDOLM@STER SP」では、ライバル事務所の961プロダクションに移籍する。

*2:従来は1ゲームのみ。