スマートフォン用の表示で見る

THE JESUS AND MARY CHAIN

音楽

the Jesus and Mary Chain

ざじーざすあんどめりーちぇいん

1984年イギリススコットランドグラスゴーにて結成。

兄、ウィリアム、弟ジムのリード兄弟が在籍したバンドで、1stアルバム、「Psychocandy」では同郷の現Primal Screamボビー・ギレスピーがドラマーとして参加していた。

暴れまくるフィードバックギターノイズは後のシューゲイザーや、オルタナシーンに影響を与え、80年代イギリスの至宝とも言えたバンド。

1999年、リード兄弟の喧嘩別れにより、解散。

ウィリアムは解散後Lazycameとして活動していた。

2004年末にウィリアム、ジムの妹であるリンダ・リードのバンド、Sister Vanillaのアルバムが発表される予定。命名はウィリアム、ジムによるもの。

ちなみに、80年代から90年代を駆け抜けたインディーレーベルCreationからデビューシングル「Upside Down」をリリースするも、その後Blanco y Negroから作品をリリースすることになるが、結果ラストアルバムとなった「Munki」は原点に戻りCreationからのリリースとなった。


また、1stで脱退したPrimal Screamのボビーは、Primal Screamにおいてthe Jesus and Mary Chainの2ndからのタイトル曲であり、名曲でもある「Darklands」をカヴァー。シングル「If They Move Kill 'Em」とファンによる「裏ベスト」といえる「Shoot Speed」にも収録されている。