スマートフォン用の表示で見る

THEATRHYTHM FINAL FANTASY

ゲーム

THEATRHYTHM FINAL FANTASY

しあとりずむふぁいなるふぁんたじー

スクウェア・エニックスより2012年2月16日に発売されたニンテンドー3DS音楽ゲーム

ファイナルファンタジーシリーズ25周年記念作品で、FFシリーズ初の音楽ゲーム。タイトルの「THEATRHYTHM」は「THEATER(シアター)」と「RHYTHM(リズム)」を組み合わせた造語で、公称ジャンルは「シアターリズムアクション」としている。


クリスタルに導かれた戦士たちが、音楽を司るクリスタルに輝きを取り戻すため、劇場でリズムを奏でて音楽の波動“リズポ”を集めていくというストーリー。

画面に現れるトリガーと呼ばれる印と楽曲のリズムに合わせてタッチペンを操作するリズムアクション。FFシリーズの人気キャラクターたちがデフォルメデザインで登場し、その中から4人のパーティを編成してゲームをスタート。経験値を稼いでレベルを上げる成長要素や、アビリティやアイテムを装備するカスタマイズ要素があり、それらの効果によって難易度の高い曲がクリアしやすくなるという仕組みになっている。音楽ゲームとしてハイスコアを極めたいプレイヤーは、「アビリティやアイテムを外した「すっぴん」状態でプレイすることもできる。

モードは「シリーズ」「チャレンジ」など複数あり、シリーズモードは「FF1」から「FF13」までのシリーズ作品を単体で楽しめるモードで、フィールド・バトル・イベントの3種類のミュージックステージを1コースとして連続でプレイする。チャレンジモードではシリーズモードでクリアした曲を自由に選んでプレイすることができる。さらにリズポを一定数貯めると、闇の楽譜をプレイできる「カオス神殿」モードが解放される。また、リズポを集めていくことによって、サブキャラクターが登場したり、ミュージアムモードで視聴できる音楽やムービーが増えるといったやりこみ要素も用意されている。

収録曲は、FFシリーズのナンバリングタイトルから人気の高い*1楽曲70曲以上を網羅し、オリジナルのバトルやムービーシーンと一緒に楽しむことができる。

ローカル通信で最大4人のプレイヤーと闇の楽譜に挑戦できるマルチプレイが楽しめる。すれちがい通信にも対応し、他のプレイヤーとプロフィールカードの交換が可能。また、インターネットを利用して追加曲のダウンロード配信(有料)を受けることが出来る。


2012年12月13日には、基本料金無料・アイテム課金制のiOSアプリの配信が開始された。ムービーやアビリティなどいくつかの要素が削除されたが、クエストメドレーモードや3DS版にはない曲やキャラクターも配信された。

2014年4月24日には、続編の『THEATRHYTHM FINAL FANTASY CURTAIN CALL』が発売された。収録楽曲・キャラクターの追加だけでなく、対戦モードなどの新要素も用意されている。

関連商品

シアトリズム ファイナルファンタジー

シアトリズム ファイナルファンタジー

*1:事前にユーザーアンケートが採られていた。