スマートフォン用の表示で見る

THIS HEAT

音楽

this heat

でぃすひーと

1976年結成のチャールズ・ヘイワード、チャールズ・バレン、ガレス・ウィリアムズの3人によるオルタナティヴ・ユニット

彼らの音楽における特異な音響処理、フリーキーで強固なアンサンブル、脱西欧的なリズム構造などは、他に類を見ない自立した斬新さを放っていた。彼らが後続のアーティスト達に与えた影響は大きく、フェイバリットに上げるアーティストも少なくない。


1978年1stアルバム「This Heat」を発表、N.M.E.誌から”セックス・ピストルズキング・クリムゾンとの亀裂を埋める存在”と評される。80年にEP「Health & Efficiency」、81年に2ndアルバム「Deceit」を発表後、82年に解散。

解散後10年経った93年、突如リミックス曲&未発表曲を収録した「Repeat」を発表、さらに96年には77年に録音されていたジョン・ピールセッションでの音源を収録した「Made Available」が発表された。