TOEIC

TOEIC

(一般)
とーいっく

国際コミュニケーション英語能力テスト(Test of English for International Communication)の通称。英語が母語ではない人向けの、英語によるコミュニケーション能力を検定する試験。英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストであり、世界約60ヶ国で実施。日本経済団体連合会と通商産業省の要請のもと、アメリカのETSが開発した。日本では最も認知されている試験だが、受験者の約8割方が日本と韓国で、日韓以外ではほとんど知られていないという指摘もある。

特長

テスト結果は合否ではなく、10点から990点までのスコアで評価。評価の基準は常に一定であり、受験者の能力に変化がない限りスコアも一定に保たれる。これにより受験者は正確に現在の英語能力を把握できたり、目標とするスコアを設定することが可能。ListeningとReadingという受動的な能力を客観的に測定することにより、SpeakingとWritingという能動的な能力までも含めた、英語によるコミュニケーション能力を総合的に評価できるように設計。テストは英文のみで構成。また、その国独自の文化的背景や言い方を知らなければ解答できないような問題は排除されている。受験級のような区分はない。

活用状況

  • 世界:約60ヶ国で実施。
  • 日本:2002年度には132万6,000人が受験。
  • 企業・官公庁・学校等では2002年度に約2,200団体が採用。
  • 企業では自己啓発や英語研修の効果測定、新入社員の英語能力測定などといった目的の他、海外出張や駐在の基準、昇進・昇格の要件としても利用されている。
  • 大学・短大では英語課程の単位認定や推薦入試などでも利用。

TOEICテストの制作機関

TOEICテストは米国にある非営利のテスト開発機関である Educational Testing Service(ETS)によって開発・制作。
日本におけるTOEICテストの実施・運営は(財)国際ビジネスコミュニケーション協会TOEIC運営委員会が行っている。

TOEIC参考書(Amazon人気ランキングより)

【リスニング】

TOEICテスト公式プラクティス リスニング編

TOEICテスト公式プラクティス リスニング編

解きまくれ!リスニングドリル―TOEIC TEST Part3&4 (イ・イクフンのStep by Step講座)

解きまくれ!リスニングドリル―TOEIC TEST Part3&4 (イ・イクフンのStep by Step講座)

解きまくれ!リスニングドリル―TOEIC TEST Part1&2 (イ・イクフンのStep by Step講座)

解きまくれ!リスニングドリル―TOEIC TEST Part1&2 (イ・イクフンのStep by Step講座)

【リーディング】

TOEIC TESTリーディングの鉄則

TOEIC TESTリーディングの鉄則

解きまくれ!リーディングドリルTOEIC TEST Part 7

解きまくれ!リーディングドリルTOEIC TEST Part 7

TOEICテスト リーディングBOX

TOEICテスト リーディングBOX

  • 作者: 中村紳一郎,Susan Anderton,神崎正哉,小林美和,ジャパンタイムズ
  • 出版社/メーカー: ジャパンタイムズ
  • 発売日: 2008/10/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 5人 クリック: 69回
  • この商品を含むブログ (26件) を見る

関連資格との違い

  • TOEFL
    • TOEFLが、英語圏の高等教育機関における授業能力を問うており、入学者選抜のための基準として用いられているのに対し、TOEICはビジネス英会話および日常会話を主眼にしている点で異なる。---TOEICがリスニングとリーディングの二部構成であるのに対し、TOEFLはライティングとスピーキングも評価される。
    • 受験料が$200前後と比較的高額である。

書籍

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉

TOEICテスト公式プラクティス リスニング編

TOEICテスト公式プラクティス リスニング編

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル

ネットの話題: TOEIC

人気

新着

新着ブログ: TOEIC