Tenniscoats

音楽

tenniscoats

てにすこーつ

プカプカブライアンズ、マヘル・シャラル・ハシュ・バズ等のリリースで知られるマジキックレコードを主宰する、さや/植野隆司によるバンド。固定メンバーはこの2人。あとはその時々に自由参加。

1995年majikick recordsを立ち上げ現在も運営。さやが1996年ソロシングル「Beginin'」リリース後、テニスコーツをスタート。

1997年より録音したミニアルバム「The Theme of Tenniscoats」を1999年リリース。

2002年6月23日、約1年間のライブメンバーで録音したミニアルバム「The Ending Theme」をMIDI Creative/nobleよりリリース。

テニスコーツの活動とは別に、2人は2003年、dj klockとのユニットcacoyでclockwise recordingsよりアルバムリリース。

さや(vocal, keyboards)

テニスコーツのメインソングライター。マヘル・シャラル・ハシュ・バズ、プカプカブライアンズ等のバンドにも参加。

植野隆司(guitar, sax)

自ら主宰するバンド、プカプカブライアンズでは1995年〜2001年にかけて4枚のアルバムをリリース。ギター、サックスで数々のセッションをこなす。石井聰互監督の映画音楽五条霊戦記」、「ERECTRIC DRAGON 80000V」に参加。また同監督の主宰するバンドMach1.67のメンバーとして活動し、2001年「Star Burn」をリリース、渋谷AXにてLIVEを行う。

2002年eat金沢にて立体音響を使用した石井聰互フィルムライヴに出演。

1999:The Theme of Tenniscoats (majikick)

2002:The Ending Theme (MIDI Creative / noble)

2004:we are everyone (rover / majikick)

2005:Live Wanderus (Chapter Music)

2007:Totemo Aimasho (ROOM40)