Thanatos - If I Can’t Be Yours -

音楽

Thanatos - If I Can’t Be Yours -

たなとすいふあいきゃんとびーゆあーず

映画『[新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に(英題:The End of Evangelion)』の主題歌。

1997年8月1日にキングレコードから発売されたLOREN & MASHとARIANNEのシングル「THE END OF EVANGELION」(ジ・エンド・オブ・エヴァンゲリオン)が初出。

概要

1997年7月19日に公開された『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』 の劇中、第25話「Air」の最後で螺旋状にスクロールされるスタッフロールに合わせて流れる曲。 本曲が収録されたシングルは、オリコンシングルチャート最高2位を記録した。これはエヴァ関連のシングルCDの中で最高記録である。なおアニメソングではなく洋楽として販売された。

作曲を手がけた鷺巣詩郎によると、発注されて制作した曲ではなく、『Komm, süsser Tod?』の制作後、前述の劇場版へ向けて緊張感を保つため、自主的に制作したとのこと。

原曲は、本編用の劇伴として作曲された"THANATOS"の前半部で、これに英語の歌詞をつけたものである。また、「THANATOS?」(タナトス)とは、ギリシャ神話に登場する死を司る神のことで、テレビシリーズの第弐拾参話『涙』で印象的に使われ、死への衝動や涙を想起させる。

本作では、男女の哀切な別れを描いており、最後では"What am I, if I can't be yours"(あなたのものになれないなら、私には存在する価値もない)と歌われている。

2006年5月24日に『魂のルフラン』と両A面扱いでマキシシングルが発売された。カップリングに新たにリミックスされた「THANATOS-IF I CAN'T BE YOURS-“Nine Years After Mix”」が収録。新劇場版・破でもレイがN²ミサイル特攻するシーンでこの曲が使われている。

収録曲

THE END OF EVANGELION

(全編曲: Shiro SAGISU)

  1. THANATOS-IF I CAN'T BE YOURS- [4:48] 歌  : LOREN & MASH 作詞 : MASH、作曲:Shiro SAGISU)
  2. Komm, süsser Tod [7:51] 歌:ARIANNE 日本語原詩:Hideaki ANNO、英訳:Mike WYZGOWSKI、作曲: Shiro SAGISU
  3. II Air [3:22] 作曲:J.S.BACH編曲:Shiro SAGISU
魂のルフラン/THANATOS-IF I CAN'T BE YOURS-』

2006年5月24日発売(KICM-3122)

  1. 魂のルフラン高橋洋子) 作詞:及川眠子、作曲・編曲大森俊之 東映配給アニメ映画新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生」テーマ・ソング
  2. THANATOS-IF I CAN'T BE YOURS-(LOREN & MASH
  3. 心よ原始に戻れ(高橋洋子) 作詞:及川眠子、作曲:佐藤英敏編曲大森俊之 東映配給アニメ映画新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生」イメージ・ソング
  4. THANATOS-IF I CAN'T BE YOURS-“Nine Years After Mix”(LOREN & MASH) 作詞:MASH、作曲・編曲鷺巣詩郎
  5. 魂のルフラン(OFF VOCAL VERSION)
目次