スマートフォン用の表示で見る

The All-American Rejects

音楽

The All-American Rejects

じおーるあめりかんりじぇくつ

アメリカン・ロックバンド。

以下、オフィシャルHPより

タイソン・リッター(Vo, B)、ニック・ウィーラー(G, Ds, Key)、マイク・ケナーティー(G)、クリス・ゲイラー(Ds

オクラハマでニックとタイソン中心に結成。ロック聞いてビール飲んでセックスするしかない街、とタイソンが呼ぶStillwaterで生まれ育った。タイソンAC/DCを見ながらステージでジャンプすることに憧れ、ニックはボン・ジョヴィポイズンデフ・レパードが好きだったと言う。

高校時代を共に過ごし、バンド活動を始めた二人。ジャンルにとらわれることなくいろんなタイプの音楽がかかるラジオを良く聞くとのこと。だれにでもピンとくるメロディを作ることが大切だという。歌詞も日常的なものをピックアップ。誰にでもある昔の彼女のとのいざこざ等を歌うほうが共感が得られると、親しみ安さ、現実性を重視した音楽作りが中心だ。

2002年10月、インディのDoghouseからデビューし、その才能をメジャーのDreamWorksに買われ、翌年デビュー・アルバム『オール・アメリカン・リジェクツ』をリパッケージし再リリース、ビルボード初登場25位につけるという実力を見せた。シングル曲の「スウィング・スウィング」はアメリカオルタナティヴ・ロックチャート5位、Top 40チャート13位に入り、Alternative Press, Spin, Blender, Rolling StoneからTeen Peopleまで、あらゆるプレスが“ベスト・ニュー・バンド”と評価した。MTV2ではNo.1 live performance of the yearに選出された。UKでも、ロンドンのアストリア2日間を含む全英ツアーが完売するほどの人気があり、レディングフェスティヴァル(2003)、V 2004にも出演した。日本でもシングル曲「スウィング・スウィング」が大ヒット、2003年12月初来日公演を行った。2004年夏にはサマーソニックにも出演。