The Band

音楽

The Band

ざばんど

 カナダ出身。ロニー・ホーキンスのバックバンドから、ボブ・ディランのバックバンドに。

都会を離れ精神的+音楽的リハビリを行っていたディランとの伝説的セッション「地下室(the Basement Tapes)」を行う。これは当時(1960年代末)、様々なミュージシャンに参照+引用される作品集だ。

そして、彼ら自身のザ・バンドへと発展。

ギター:ロビー・ロバートソン、

ピアノ:リチャード・マニュエル、

ドラム:レヴォン・ヘルム

ベース:リック・ダンコ、

オルガン:ガース・ハドソン

 ツインキーボード体制が特徴。解散コンサートは「ラスト・ワルツ」ととしてマーティン・スコセッシ監督の手で映画化された。フォーク・ロックというジャンルを代表するバンドと思われがちであるが、リズムセクションは極めてR&B色が強く黒い。最近(2000年以降)では、ガース・ハドソンとリオン・ヘルムがノラ・ジョーンズのバックで演奏していたりする。