Tizen

フリーでオープンソースモバイルOS。タイゼン。

概要

モバイルウェアラブル機器、車載インフォテインメントシステム、TVなどに搭載されることを想定としている。

基本情報が公開されているため、現在主流となっているグーグルAndroid OSスマホに比べて開発コストが安く、独自のアプリやサービスを提供しやすくなる。

現在サムスン電子と米インテルが中心となり、日本のドコモ富士通NEC中国華為技術Huawei)などと連携して開発を進めている。ドコモが自社スマートフォンに採用することを発表している。

2014年6月2日、Tizenを搭載した初のスマートフォン「Smasung Z」が発表*1