スマートフォン用の表示で見る

Transatlantic

音楽

TransAtlantic

とらんすあとらんてぃっく

Dream TheaterのMike Portnoy、当時Spock's BeardにいたNeal Morse(現在はソロ・アーティスト)、MarillionのPete TrewavasにThe Flower KingsRoine Stoltによるプログレッシブ・ロック・バンド。

1998年12月、Mike Portnoyの発案でプログレッシブ・ロック・スーパーグループの企画として12月にSpock's BeardのNeal Morse、MarillionのPete TrewavasにFates WarningのJim Matheosとスタジオ入りする予定だったが、Mike PortnoyのLiquid Tension Experiment IIのレコーディングのために延期となる。

Liquid Tension Experiment IIのレコーディング途中でJohn Petrucciの奥さんが出産のため、Mike PortnoyはJordan RudessとTony Levinとの3人でジャム・セッションを続ける(この音源は後にLiquid Trio Experimentとして2007年にリリースされる)。この為、更にスーパーグループ・プロジェクトは延期となる。

1999年6月26日から7月3日まで、Jim Mathosの代わりにThe Flower KingsRoine Stoltが参加することになり、スタジオ入りする。その後、Neal MorseとRoine Stoltがそれぞれスタジオでオーヴァーダブを施しテープのやり取りを行う。

1999年10月、所属レーベルInsideOutからプロジェクト名がSecond Natureと発表される。

1999年11月、メンバー間の話し合いの結果、プロジェクト名がTransAtlanticに変更、決定される。

2000年1月、6月ペンシルバニア州で行われるNearFestに最終日のヘッドライナーとしてステージ・デビューすることに決定する。

2000年3月、1stアルバムSMPT:eが発表される。

2000年6月、NearFestを含む東海岸ツアーが6都市で行われる。

2000年9月、ロサンジェルスで開催されるProgFestに参加(日本からはKensoも参加)。

2001年1月、2ndアルバムのためのリハーサル/プレ・プロダクションが始まる。

2001年3月、Live in America発売。

2001年10月、2ndアルバムBridge Across Forever発売。

2001年11月9日、イギリスオックスフォードにてウォーム・アップ・ギグの後、10日からヨーロッパツアー開始。ツアー・メンバーにPain of SalvationのDaniel Gildenlowが参加。

2003年11月、Live in Europe発売。

2009年4月16日、TransAtlantic再結成発表。4月初頭よりナッシュビルにて新作のレコーディングに取り掛かっている。

2009年11月、The Whirlwind発売。



TransAtlantic; Stolt Morse Portnoy Trewavas a/k/a SMPT:e (2000)

TransAtlantic; Live in America (2001)

TransAtlantic; Bridge Across Forever (2001)

TransAtlantic; Live in Europe (2003)

TransAtlantic; The Whirlwind (2009)

関連アルバム

TransAtlantic Archive Series: SMPT:e As Mixed by Roine Stolt 1999 (2003)

Neal Morse; The Transatlantic Demos (2003)



http://www.transatlanticweb.com/