UWF

スポーツ

UWF

ゆーだぶりゅーえふ

第1次 (ユニバーサル)

1984年新日本プロレスを追放された新間寿が中心となって設立されたプロレス団体

当初は、アントニオ猪木が参加する予定だったが結局猪木は不参加となり、前田日明をエースとして出発した。

高田伸彦(現・延彦)や藤原喜明木戸修らが参加し、元タイガーマスク佐山聡も合流、キックや関節技を中心とした格闘技色の強いファイトスタイルでマニア層にカリスマ的人気を博す。

しかし、佐山のマネージャーだったショウジ・コンチャ氏との間に起こったトラブルによって浦田昇社長が強要罪で逮捕されたり、ルールやスタイルをめぐって前田と佐山の間に確執が生まれるなどトラブル続きで資金繰りが悪化、1985年に第1次UWFは崩壊して新日本プロレスに合流する。

第2次(新生UWF

1988年、前田日明神真二が中心となって設立されたプロレス団体

第1次から続くシリアスな試合内容に加え、

などによってプロレスの枠を超えたブームを巻き起こす。

しかし、フロントと選手の間に軋轢が生じたことをきっかけにして、1991年に崩壊、前田を中心としたリングス、高田を中心としたUWFインターナショナル、藤原を中心としたプロフェッショナル・レスリング藤原組の三つに分裂。

その後はそれぞれの団体も分裂と崩壊を繰り返し、2005年9月現在は「UWF」の文字を冠した団体は現存しない。


しかし、現在に見る総合格闘技ブームの下地は、確実にUWFによって作られたものである。

目次
    • 第1次 (ユニバーサル)
    • 第2次(新生UWF)