V・チャレンジリーグ

スポーツ

V・チャレンジリーグ

ぶいちゃれんじりーぐ

V・チャレンジリーグは、バレーボールVリーグにおける2部リーグの呼称。チャレンジリーグ

2006年、2部リーグのV1リーグチームが日本バレーボールリーグ機構に加入。これに伴い、2006-07シーズンより、1部リーグのVリーグは「V・プレミアリーグ」、V1リーグは「V・チャレンジリーグ」に改称された。

2015/16シーズンから、V・チャレンジリーグを従来の1リーグから、8チームからなる「V・チャレンジリーグⅠ?」と「V・チャレンジリーグⅡ?」の2リーグ構成にし、準加盟チームにも門戸を広げることにした。

これに伴い2014/15のリーグ戦において、8位以下はV・チャレンジリーグⅠに残留、9位以下のチームはV・チャレンジリーグⅡに自動降格することになった。

また、準加盟クラブについては基本的にV・チャレンジリーグⅡのみの参加で、V・チャレンジリーグⅠに昇格するには正会員資格を得なければならないことになった。このため、V・チャレンジリーグⅡの優勝チームが準加盟である場合には、入れ替え戦は行われないことになっている。