スマートフォン用の表示で見る

Vクラス

一般

Vクラス

ぶいくらす

Vクラスはメルセデス・ベンツ初の前輪駆動のマルチパーパス・ヴィークル。スペイン工場で生産されるVitoと呼ばれる商用車がベースとなっている。国内では排気量が2300c.c.の4気筒DOHCエンジンを搭載するベースグレードのV230とVW製V型6気筒SOHCエンジンを搭載するV280が販売されていた。現在は生産を完了し、その役目はVianoへと引き継がれている。