スマートフォン用の表示で見る

V型12気筒

サイエンス

V型12気筒

ぶいがたじゅうにきとう

V型エンジンのバリエーションの1つで、12個のシリンダーがV字型に配列されたエンジンを指す。

通称「V12エンジン」または「V12

主に排気量が5500 cc以上の車に搭載されるエンジンであり、その過剰なまでのサイズと出力から、使用用途は主に大型トラックやバスといった業務用車両や航空機用エンジンとして搭載される。


最大の特徴としては、12の気筒によって一次振動と二次振動が完全に打ち消される形となり、理論上では直列6気筒エンジン、水平対向6気筒エンジンと並び、振動の無い「完全バランスエンジン」の1つである。

この特性ゆえに非常にスムーズな回転感覚に加え、12気筒の大排気量から生まれる余裕が得られるため、乗り味とハイパフォーマンスを至上命題とする高級車ブランドの最上級モデルにおいて、エンジン自身の重量やサイズによるデメリット、及びそれ以下の気筒数でも同等の出力が得られるにも関わらず、現在に至るまで好んで採用されている。