スマートフォン用の表示で見る

V型8気筒

サイエンス

V型8気筒

ぶいがたはちきとう

V型エンジンのバリエーションの1つで、8つのシリンダーがV字型に配列されたエンジンを指す。

通称「V8エンジン」または「V8

主に排気量4000 cc以上の大型車両に用いられるエンジンである。特に大排気量エンジンが多く使われていたアメリカにおいては、大衆車から高級車に至るまで幅広く用いられ、アメリカ車トレンドマークの1つともなっている。


2006年以降のF1用エンジンでもあり(2400 cc & バンク角90度)その他NASCARIRLGP2フォーミュラニッポンなど、数多くのモータースポーツにおける主流エンジンである。