V-Vocal

音楽

V-Vocal

う゛ぃう゛ぉーかる

V-Vocalとは、RolandVariPhrase技術を応用したボーカル・プロセッサーで、SONAR 5以降の一部エディション(Power Studio, Producer)に付属する。下記7種類の操作が可能。

http://www.cakewalk.jp/Products/SONAR8/images/S8_Vvocal_lg.gif

  1. フレーズのピッチシフト
  2. ピッチの自動修正
  3. ビブラート付加
  4. タイム調整
  5. フォルマント調整
  6. ダイナミクス調整
  7. Pitch to MIDI変換

SONAR 8 POWER STUDIOに収録のSONAR 8 STUDIO特別版には、RolandVariPhraseテクノロジとSONARが融合して誕生したボーカル・プロセッサー「V-Vocal」を搭載。オリジナルの息遣いを損なうことなく、ピッチ、フォルマント、タイミング、ダイナミクスの編集が可能です。また、Pitch to MIDIを使用することで、ヴォーカルと同じピッチやニュアンスでシンセサイザーを奏でることができるので、全く新しいアレンジを加えることができます。他のボーカル・プロセッサとは一線を画す操作性も実現し、ボーカル・トラックの可能性がさらに広がります。

主な仕様

  • RolandVariPhraseテクノロジとSONARが融合。かつてない操作性を実現したボーカル・プロセッサ
  • ピッチ、タイミングの補正はリアルタイム処理。編集を繰り返しても音質劣化の心配は無用。
  • ピッチ、ビブラートの自動補正。
  • タイミングと、フレージングの修正が可能。
  • ダイナミクスの修正も可能。
  • ひとつのボーカル素材から、コーラスなどのバリエーションを作ることもできます。
  • リアルタイム非破壊処理。
  • オーディオファイルよりMIDI データを生成するPitch to MIDI変換も装備。

チュートリアル・ビデオ

    V-Vocal walkthru (WMV)

404 Not Found
目次