VDT症候群

コンピュータ

VDT症候群

ぶいでぃーてぃーしょうこうぐん

コンピュータディスプレイなどの表示機器(Visual Display Terminal)を使用した作業を長時間行う事で、目や体、心に支障をきたす病気。別名テクノストレス眼症。

主な症状

  • 目の症状:ドライアイ、充血、視力低下など
  • 体の症状:首、腰、肩のこり、痛みなど
  • 心の症状:食欲減退、不安感、抑うつ症状など

予防法

  • 長時間の作業を行う際には1時間に10分程度の適度な休息を取り、軽い体操をして体をほぐしたり、遠くの景色を見て眼の疲れを取る
  • ディスプレイの位置を目の高さよりも低くセッティングしたり、また反射光を抑えるフィルターを装着する
  • 暗い室内と明るいディスプレイとの極端な差は不快グレアと呼ばれる刺激を長時間もたらすため、室内の照明環境のバランスを保つ

お探しのページが見つかりません。|厚生労働省