VI号戦車

一般

VI号戦車

ろくごうせんしゃ

WWII時のドイツ戦車

1937年ドイツ兵器局がヘンシェル社に重装甲を持つ戦車の開発を命じる.

その後,試作車DWI,DWII,試製車台VK3001(H),VK3601(H)を経てVK4501(H)がVI号戦車として採用された.

1941年:重戦車VK4501はヘンシェル社とポルシェ工学工房の競争試作となった.

ポルシェ博士提案の電気モーター式駆動は扱いづらいものだったためヘンシェル案が制式となった.

(しかしすでに生産着手されていたポルシェ製車台は後にフェルディナント?自走砲(エレファント)の車台として流用された)

1942年:完成したVI号戦車は8月にレニングラード近辺の戦線へ投入された.

8.8cm高射砲改良のKwK36 8.8cm戦車砲ソビエトのKV重戦車を撃破でき,前面装甲厚100mmに対してT-34の76mm砲は通用しなかった.

終戦までにE型(ティーガーI型),約1,400両とB型(ティーガーII型),約500両が生産された.

諸元:(VI号戦車E型:初期生産型)

全長
8.45m
全高
2.93m
全幅
3.70m
重量
57.0t
最高速度
38km/h
行動距離
140km
発動機
マイバッハHL210P45水冷V型12気筒ガソリンエンジン650馬力×1基
乗員数
5名
総生産数
1354両(E型のみ)
武装
KwK36 8.8cm戦車砲×1、MG34 7.92mm機銃×2
最大装甲厚
(上面)25mm〜(前面)100mm

バリエーション

*1:Ausfuhrung:形式