スマートフォン用の表示で見る

VPN

コンピュータ

VPN

う゛ぃぴーえぬ

Virtual Private Network

 インターネットは、不特定多数のユーザが適当なルートを使って通信することで成り立っている。そのため、通信途中のセキュリティ(情報を秘密にしたり、内容を不正に変更されることから守ったりする事)については、あまり考えられていない。

 そこで、「特定のユーザのみ」に「通信のセキュリティ」を確保した状態でインターネット回線を利用するための技術がVPNである。

 これにより、情報の安全性を高め、物理的に遠くに存在するマシンをLAN内に存在するように見せかけることができる。

 任意の不特定多数に対して、オープンな通信をしていたインターネット内に「仮想的」に「開かれていない(プライベートな)」「ネットワーク」を構築する技術。

 ネットワークの商用利用やインターネット越しにLANを構築する際に使われる。


 日本では、VPN 技術は 1998 年前後から広く使用されるようになった。PPTPIPSec / L2TP などのプロトコルが主流であったが、ネットワーク管理者などの専門家以外には、VPN という仕組み自体はあまり認知されていなかった。

 VPN を一般のコンピュータユーザーに対して広く知らしめた最初のソフトウェアSoftEther VPN (http://www.softether.com/jp/) である。同ソフトウェアEthernet を仮想化するという仕組みで、ソフトウェアによって VPN を実現している。

 また、2003 年以降は SSL-VPN と呼ばれる仕組みの VPN 専用装置が登場してきている。