ヴァンクリーフ&アーペル からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

アート

Van Cleef & Arpels

う゛ぁんくりーふあんどあーぺる

ヴァン クリーフ&アーペルはフランスジュエリーブランド。


ブランドのコンセプト、テーマは「愛・美・夢」。

1896年、アルフレッド・ヴァン・クリーフとサロモン・アーペルの娘、エステル・アーペルが結婚。その後、アルフレッド・ヴァン・クリーフとサロモン・アーペルがビジネスを開始する。その後、エステルの兄弟にあたる、ジュリアン、ルイ、シャルルも加わる。

1906年、初めてのショップをパリのヴァンドーム広場にオープン。この店舗は現在でも同じ場所にある。ヴァン クリーフ&アーペルを設立。アルフレッドは経営者としての素質だけではなく、ストーンカッティング(宝石のカッティング)に大変長けていたという。

ルイアーペルは営業としての素質を発揮し、マレーネ・ディートリッヒモーリス・シュバリエ、エヴァ・ペロン(アルゼンチン大統領夫人でエビータと言われた。映画「エビータ」で有名)など当事のセレブを顧客につけていく。マレーネ・ディートリッヒヒッチコックの映画、舞台恐怖症でヴァン クリーフ&アーペルのダイヤのネックレスを身につけた。

1925年、「薔薇の花」というブローチでアール・デコ展大賞を受賞。1930年、ミノディエールを発表、これは洗練された美しいイブニングバッグで、口紅などの化粧品を入れるのにもちょうどいい大きさで、多くの女性をとりこにした。

33年、表から石を支えるつめの部分を見えなくする特殊な技巧を用いる「ミステリー・セッティング」を開発。この技巧は現在でも多くの高級ジュエリーに用いられている。36年には時計とジュエリーを結びつけたカデナウォッチを発表、

55年、グレースケリーが婚約祝いにヴァンクリーフ&アーペルのダイヤモンドとパールのネックレスを受け取る。これは3つのパールのネックレスをダイヤモンドが一つに結ぶもので、エレガントなもの。49年にはPA49ウォッチを発表、時計のコレクションも増やしてゆき、72年には時計専用のブティックをオープンした。

67年にはイラン王妃、載冠式用のクラウンのオーダーを受け、4ポンドのパール、ルビーダイヤモンドエメラルドで作られたクラウンは6ヶ月かけて作られたという。

99年、スイスのリシュモングループの傘下に入る。2003年にはジュリアロバーツがヴァンクリーフ&アーペルのブレスレットをつけて、アカデミー賞の主演女優賞を受賞した。(映画はエリン・ブロコビッチ)

近年はデザイナーのコレクションにも登場、これまでカール ラガーフェルド、ギャスパー ユルケヴィッチ、ヴィクター&ロルフなどのコレクションで使用され、コレクションをより美しいものに飾っている。

2008年、クロエコラボレーションで、ヴァン クリーフ&アーペルのアイコンアルハンブラ」とゴージャスなメタリック・パイソン・レザーが融合したイブニングバッグや、白蝶貝、黒蝶貝、オニキスの「アルハンブラ」を贅沢に使ったネックレスなどを発表。


* リスト:リスト::ファッションブランド