スマートフォン用の表示で見る

Vivienne Westwood

アート

Vivienne Westwood

びびあんうぇすとうっど

ヴィヴィアン・イザベル・スウィア(Vivienne Isabel SWIRE)。デザイナー

1941年4月8日、イギリスダービーシャーに生まれる。ともすればホラーにノーメイクで出られそうな、白髪でやや浮世離れした雰囲気を醸し出すラディカルな女性。だが、若かりし頃は教職の道を志していた。

1971年12月、シチュエーショニスト・インターナショナル(「SI」。資本主義社会に対する怒りを理論化し、都市の再生と創造を目指す無政府主義政治団体)に属して活動していたマルコム・マクラーレンと共に、キングスロード430番地にブティック「レット・イット・ロック(LET IT ROCK)」をオープン。

1972年、店名を「Too Fast to Live, Too Young to Die」に、1974年には「SEX」に、

1976年には「Seditionaries」に変更。

1975年にマルコムと共に、「セックス」の常連客だったヴォーカルのジョニー・ロットンシド・ヴィシャスを擁するパンクバンド「セックス・ピストルズSEX PISTOLS)」をプロデュース。SM的要素を採り入れた前衛的なパンク・スタイルを流行させ、「パンクの女王」と呼ばれた。

1979年にはブティック「ワールズ・エンド」をオープン。

1981年「パイレーツ」コレクションを発表、「海賊ファッション」や「魔女ファッション」を提案。

1983年、パリ コレクションに発表。当時では、イギリスデザイナーとしてはマリー・クウァント以来、2人目であった。

1984年カルバン・クライン、クロード・モンタナ、ジャンフランコ・フェレらと共に、「ファイブ・オブ・ベスト」に選ばれ、東京でのコレクション発表に招かれる。

1986年、フランス革命からヒントを得たミニ丈の「クリノリン・スタイル」を発表。

1987年、「ハリスツィード」を発表。

1988年には「タイムマシン」を発表。英国のクラッシック、トラディショナルとの融合を追求し始め、絶えず話題を巻きつづけた。

1991 S/S、フローレンスで行われた「ピッティ・ウオモ(Pitti Uomo)」で独立したメンズ・コレクションを初めて発表。

1993年、レディースウェア部門をファーストラインの「ヴィヴィアン・ウエストウッド ゴールド・レーベル」とセカンドラインに「ヴィヴィアン・ウエストウッド レッド・レーベル」に分割。

1998 S/Sから「アングロ・マニア」をスタート。

1992年、エリザベス女王より「大英帝国勲章(O.B.E.)」を受章。

1999年2月には、ニューヨークのソーホーに旗艦店をオープン。

1996年、メンズウェアライン「ヴィヴィアン・ウエストウッド マン」でミラノコレクションに初参加。

1998年、ファーストフレグランス「ブドワール(Boudoir)」を発表。

2000年、セカンドフレグランス「リバティン(Libertine)」を発表。


ラディカルな思想をポップ・カルチャーとして確立し、アヴァンギャルドな中にも英国の歴史や伝統を巧みに取り入れる独特の手法で、ストリートをモードに持ち込んだことが功績とされる。そういった意味で、ジャン・ポール・ゴルチエジョン・ガリアーノ等は精神的息子ともいわれている。

また、エイズ危機を救うため、「The Red Ribbon Fashion Event and Red And A Heart」等の慈善活動にデザインを提供し、協力している。

一時はマルコム・マクラーレンと結婚していたが、現在ではオーストリア人男性のアンロレア・クロンザラーと結婚している。