スマートフォン用の表示で見る

VoIP

コンピュータ

VoIP

ぶいおーあいぴー

Voice over Internet Protocol

TCP/IPを利用して音声データを送受信する技術。さらに厳密にいうと、TCPと共に定義されるUDPを用いることが多い。パケット通信技術を用い、音声をパケット分割して通信する。いわゆるIP電話は、このVoIPと呼ばれる技術に基づいているが、VoIPという言葉そのものは、特定のプロトコルを指す言葉ではなく、このような音声通信技術の総称である。

  • 当初は帯域の太い場所(中継網など)で利用されてたが、最近はユーザレベル(電話機そのものがVoIP対応など)での利用も盛んになってきた。
  • 実際のプロトコルとしては、音声圧縮にITU-T勧告 G.729やG.711を用い、パケット化にはRTP (Real Time Protocol)を用いることが多い。呼制御(こせいぎょ)プロトコルにはITU-T H.323SIPなどが多く用いられる。当初はG.729などの高能率符号化方式が多用されたが、最近の家庭向けIP電話では、DSLなどの高速リンクが利用可能となっているため、固定電話と同レベルのG.711を用い、ほとんど非圧縮に近い方式が主流となってきている。
  • 当初のVoIPの誕生の背景には、従来の音声通信が回線交換に基づいていて、その頃普及し始めたインターネットで用いられるTCP/IPなどのパケット交換に比べて、高コストだったことが挙げられる。その後は、データ系(いわゆるインターネット)と音声系のインフラが一元化できるという触れ込みのもとに、多くの企業や技術者VoIPに力を入れ始めた。しかしながら、多くの企業では音声系インフラとデータ系インフラでは異なる部門(前者は総務部門、後者はIT部門)が担当することが多く、十分にVoIP技術が展開されているとはいえないことも多いようだ。