スマートフォン用の表示で見る

W・G・ゼーバルト

ゼーバルトドイツに生まれ、二十代でイギリスに移ったがドイツ語で書きつづけた。『アウステルリッツ』は遺作にあたる。2001年、自動車事故で死去。57歳だった。

2003年5月に創刊されたドイツ文芸雑誌「Deli」に

W・G・ゼーバルト

―記憶の迷宮―

★長編小説『アウステルリッツ』より抄録(鈴木仁子訳)

ゼーバルト論:

★ヤーン・フォルネル:「移民、記憶、普通の人生を奪われた人々」

という特集が組まれた。