スマートフォン用の表示で見る

W-SIM

コンピュータ

W-SIM

うぃるこむしむ

2005年07月07日(木)にWILLCOMから発表された、PHS無線通信部分をモジュール化した端末。

W-SIMを中心に同様の製品を「WILLCOM コアモジュール」と総称し、W-SIMは「WILLCOM SIM STYLE」と呼ばれる携帯端末に装着して利用する事になる。

つまり、従来の携帯電話PHSを通信部分とそれ以外に分け、通信部分をウィルコムシム(W-SIM)、

それ以外の部分全てをWILLCOM SIM STYLE(旧称:ジャケット)と呼び

W-SIMWILLCOM SIM STYLEに差し込む*1ことで初めてPHS端末として通信機能が利用できるというものである。

これにより複数の端末を1つの通信機器・電話番号(=W-SIM)で利用できるのがメリットではあるが、うまく生かせていないのが現状のようだ。

機種

規格が同じであるため見た目は同一だが、区別のためW-SIM頭部の色がそれぞれ異なる

機種名メーカー最高通信速度リモートロック機能通称
RX410INネットインデックス128kbps非対応灰耳
RX420ALアルテル204kbps(W-OAM対応赤耳
RX420INネットインデックス204kbps(W-OAM対応青耳
RX430ALアルテル約400kbps(W-OAM typeG)対応黒耳

このほかにも法人向けにテレメタリングW-SIMが受注生産という形で用意されている。

RX410INの概要

外形サイズ
25.6(W)×42.0(D)×4.0(H)
重量
10g以下
通信方式
回線交換パケット通信
データ通信速度
128Kbps
ユーザメモリ
約600kbyte (電話帳700件)
国際ローミング
台湾、タイ対応

*1ニンテンドーDSゲームソフトを差し込むようなイメージ