W. Joerg Henze

音楽

W. Joerg Henze

よーくへんつぇ

WJH, WJ Henze, The Wolf, Gecko, Submode, Bassoonなど数々の変名を使い分けるW.Joerg Henze・ヨークヘンツェ・ヨーグヘンゼはテクノシーンの黎明期から活動し続けるアーティストである。

W. Joerg Henzeは国際的にDJやプロデューサレーベルの創立者として認知されている。17歳からDJをはじめ、3台のみならず4台ものターンテーブルをも操ることが出来る. 年間50枚を超えるリリースを行い、エレクトロニックミュージックシーンの中ではもっとも生産力のあるアーティストに挙げられる。その作品タイトルには日本語をあしらったものが多い。 (GeckoやWJH、Submodeなどの名前でも知られている) クリスリーベンやトニライオス、トーマスPヘックマン、パスカルF.E.O.Sやジェフミルズ、DJラッシュやグッドグルーブなどの多くの世界的に有名なDJと共にプレイしている。

主にリリースを行っているレーベルはFederation Of Drums, ash'n diamonds, ZENIT, primate