スマートフォン用の表示で見る

Weiβ Schwarz

ゲーム

Weiβ Schwarz

う゛ぁいすしゅう゛ぁるつ

ヴァイスシュヴァルツトレーディングカードゲーム

タイトルはドイツ語で「白」を意味する「Weiβ」と、同じく「黒」を意味する「Schwarz」を組み合わせたもの*1

システム

概略

根幹としては、ユニット(キャラカード)を場に出して相手プレイヤーを攻撃、累積したダメージが一定を超えた側が敗北する、というオーソドックスなもの。

ユニットの配置については盤面概念があり、前方3エリア、後方2エリアとなっている。

カードには「レベル」概念があり、一定のダメージが累積する毎に「レベル」が上昇、よりレベルの高い(強力な)カードを使えるようになっている。

コストについては「ストック」と呼ばれており、原則としてユニットが攻撃する毎に1枚蓄積される。0コストのカード以外を使う場合、このストックからの支払いが必要となる。

よって、単純な「先行逃げ切り」も「何もせずにひたすら待ってから反撃」も成立しにくいようにデザインされている*2

カードの種類

キャラカード、イベントカード、クライマックスカードの3種類がある。

キャラカードはいわゆるユニットやクリーチャーやモンスターであり、ゲームの基本となる攻撃力である。

イベントカードはそれをサポートする補助カードで、アクシデントや儀式魔法やソサリーである。

クライマックスカードは非常に強力な特殊カードであり、手札からプレイした場合には全自軍キャラを強化することができる。他、各種判定時に公開された場合には特別な力を持つ。


発売

2008年3月29日に先行トライアルデッキ発売予定。

通常のTCGとしての発売予定は2008年5月29日。

*1:よって、タイトルも白と黒をあしらったものとなっている

*2:攻撃しすぎると、相手のレベルが上昇して強力なカードでの反撃を受けやすくなる。一方で攻撃しないとコストが溜まらないので、せっかくの強力なカードが使えなくなる。