スマートフォン用の表示で見る

Windows Vista

コンピュータ

Windows Vista

うぃんどうずびすた

2007年1月30日*1に発売された、Microsoft WindowsWindows XPの後継となる。

開発時のコードネームLonghorn (ロングホーン)と長く呼ばれてきたが、当初の予定とはスケジュール・機能とも大幅に変更になっている。

Vista】は英語で「眺望」の意。推奨環境がワイド画面ということやVistaが「未来への展望」「過去への回想」の意味を持つ多義語であることがVista命名の理由か。

エディション

Windows Vistaは6つのエディションが存在し、日本ではStarter Editionを除く5つのエディションが発売される。当初はオンラインでのライセンス購入によりインストール後のアップグレードパスが提供されていた。

各エディションの概要は以下の通り。

Windows Vista Home Basic Edition
Windows XP Home Edition」の後継エディション。新しいセキュリティ機能や検索機能は追加されるが、見映えのするインターフェース(Aero)やハイエンドメディア機能(Windows Media Center)は提供されない。
Windows Vista Home Premium Edition
一般ユーザー向けのハイエンド製品。Vistaの新しいインターフェースAeroをサポートするほか、Media CenterやTablet PCの諸機能も提供。
Windows Vista Business Edition
Windows XP Professional」の後継エディション。企業向けOSの主流製品となるほか、小さな企業向けのツール類も含まれるが、Media Center等の機能は省かれている。
Windows Vista Enterprise Edition
ボリュームライセンス購入企業にのみ提供される。「Business Edition」のすべての機能を含むほか、暗号化やUNIXサービス、仮想マシンなどの諸機能も追加されている。
Windows Vista Ultimate Edition
「Enterprise Edition」と「Home Premium Edition」の各機能が組み合わされた最上位製品。ドライブ暗号化機能と「Ultimate Extras」というUltimate Editionのみが使用できるアプリケーションダウンロードできる。ただし、機能が増えたからといってインストール容量が増加するのではなく、使用するアプリケーションの数によって増大する。

以下のエディションは、インドやタイなどの新興市場でのみ新しいPCにバンドルされる形で販売される。

Windows Vista Starter Edition
提供される新機能はInternet Explorer 7とWindows Media Player 11といったものである。32ビットマシンだけに対応し、同時に動かせるプログラムの数に制限がある。非常に安価で売られているが、これは海賊版対策である。しかしながら、実際にはWindows Vistaハイエンドエディションの海賊版が多く流通しており、Windows Starter Editionが東南アジアを中心に流通しているとは見れない。

Microsoftはほかに「Home Basic Edition」と「Business Edition」の「N」エディションを欧州で提供していく。これらのOSでは「Windows Media Player」が非搭載となる。

サービスパック

2008年2月
Service Pack 1
2009年4月
Service Pack 2(ベータ版公開は2008年12月)

その他

Vistaβ版における、特定のベンチマークソフトとの互換性の不十分さなどから、「モッサリ」「描画が遅い」などといった風説が広く流れた。

その後はOSの改善やハードウェアの性能向上によって一般的用途における動作速度には問題が無くなり、特に操作に対する応答性に関してはXPやそれ以前のOSよりもはるかに向上しているにもかかわらず、今でも「動作が遅い」「UAC(User Account Control)がしつこい」というイメージで嫌われがちだが、海外FPSゲームユーザーの中にはDirectX10の必要性からVistaインストールしているケースも多い。

ただし、快適に動作させるためには、ある程度以上のハードウェアスペックが要求されるのも事実であり、最近流行の兆しを見せているネットブックのように、コスト優先で処理能力、特に物理メモリ容量の搭載量に制限があるマシンなどではXPのほうが快適であることが大半である。

発売時はマシンの要求スペックが高かったこともあり、マイクロソフトはマシンがWindows Vistaに対応しているかどうか確認できるソフトウェアを配布している。

後継OSであるWindows 7がある今、新規にVistaを導入する価値はあまりない。

*1:企業向け版であるWindows Vista Enterpriseは2006年11月30日