スマートフォン用の表示で見る

X星人

映画

X星人

えっくすせいじん

1. 映画『怪獣大戦争(1965)』に登場した宇宙人。

木星15番目の衛星・X星に高度な科学文明を築いていたが、キングギドラの脅威のため常に地底で居住していた。

キングギドラ撃退のため、ゴジララドンの二大怪獣を借り受け、見返りとしてガン特効薬の提供という約束を地球人と結ぶが、その真の目的は地球植民地化にあった。


2. 映画『ゴジラ FINAL WARS(2004)』に登場する宇宙人。

母星の名は「地球人には発音できない」として、X星人と自称。