スマートフォン用の表示で見る

X線回折

サイエンス

X線回折

えっくすせんかいせつ

X線が結晶格子で回折を示す現象。1912年ドイツのマックス・フォン・ラウエが発見し、X線が短波長の電磁波であることを明らかにした。

試料にX線を当てて、この回折現象を利用することで、試料の特性を研究することに用いられる、類似の技法として、中性子回折電子回折がある。