スマートフォン用の表示で見る

XEL-1

テレビ

XEL-1

えっくすいーえるわん

ソニーの発売する世界初の有機ELテレビ。ブラウン管よりも液晶よりも薄く、液晶よりも応答速度が早い*1と発表されている。地上波デジタル放送対応大型ブラウン管テレビはすでにどこでも販売中止なので、古いテレビにチューナーを買い足すのではなく、地上波デジタル対応テレビに買い換えたい人で、スポーツ観戦など画質にこだわって選ぶ人には非常に魅力的であろう。

2010年1月に、ネット接続のフィルタリング機能がないことを理由に*2生産を終了。後継機はない。


ソニーは、世界初となる有機ELテレビ「XEL-1」を2007年12月1日に発売する。標準価格は200,000円。

XEL-1は、自社開発の有機ELパネル「オーガニックパネル」を採用した11V型(960×540画素)の地上・BS110度CSデジタル対応テレビ。ソニーでは有機ELの製品発売は世界初としている。

自発光方式である有機ELのためにバックライトなどの別光源は必要なく、最薄部は約3mmという薄型化を実現。また、発光ゼロ状態にすることで黒映像の表現力を高められるという。ソニーの独自技術「Super Top Emission」により高輝度化も実現、太陽の反射光や花火、カメラのフラッシュといった光も映像を通して表現でき、色再現性や動きの早い映像に関しても高い性能を実現できたとしている。

10BASE-T/100BASE-TX×1ポートのLAN端子も搭載し、ネットワーク機能も対応。DLNA準拠でホームネットワーク内のコンテンツを再生できる「ソニールームリンク」やブラウザ機能、アクトビラの「アクトビラ ベーシック」といった機能が利用できる。

本体サイズは287×140×253mm、重量は2.0kg。映像入力はHDMI×1のみで、入力信号は1080p/1080i/720p/480p/480iに対応。USB×1、ヘッドフォン端子×1も搭載し、薄型リモコンが付属する。

ソニー 有機ELテレビ XEL-1 XEL-1 B

ソニー 有機ELテレビ XEL-1 XEL-1 B

*1:高速移動する被写体でもにじみ、ダブりが少ない

*2青少年ネット規制法により、フィルタリング機能の無い機種は出荷ができなくなる