YS-11

一般

YS-11

わいえすいちいち

リスト::航空

国産初にして唯一のプロペラ旅客機

MRJ以前では唯一の国産旅客機で、双発のターボプロップ機。64人乗り。

日本国内では2006年に旅客運航を終了。以前は日本エアコミューターエアーニッポン全日空日本航空日本トランスオーシャン航空保有していた。

平和条約発効以後、初めて日本で開発製造された航空機

木村秀政を技術委員長として、三菱堀越二郎川西航空機菊原静男中島飛行機の大田稔、川崎土井武夫といった、錚々たるメンバーが集められ、設計が進められた。

「わいえすじゅういち」と呼ばれる事が多いが、正しくは「わいえすいちいち」と読みます。