Zバッファ

コンピュータ

Zバッファ

ぜっとばっふぁ

3次元グラフィックスにおける隠面消去(視線の手前にある物体で隠される物体や面を検出して描画しないようにする処理)の方法の一つ。


この分野では比較的古くから存在するローテクかつ効果的な技術であり、2005年現在では流通するほぼあらゆるハードウェアで使用することが出来る。同種のより描画精度を向上させられるWバッファという技術もあるが、こちらはあまり使われていない。画面を構成するの各画素に色情報のほかに奥行きに関する情報を持たせ、画面に描画する際には同じ座標の画素の奥行き情報を比較して、最も手前にあるものだけを画面に書き込む手法。この方法で用いる奥行き情報のためのメモリ領域をZバッファと呼ぶ。この方法はアルゴリズムが単純なためハードウェア化しやすいが、メモリ上にZバッファのための領域を確保しなければならないため、他の方法と比較してより多いメモリを必要とする。