ZIFソケット

集積回路を装着するソケットの形状。

ZIFはZero Insertion Force(挿入するときに力が要らない)の略。

接点が少ない集積回路はソケットに押し込むように装着するがCPUのように接点が多い集積回路では均等に力がかからないため挿入時に接点を曲げたり折ったりしてしまうことがある。

ZIFソケットではソケットをレバーでオープンの状態にしておき、集積回路をそっと載せレバーを倒してクローズドの状態にする。これですべての接点の導通が得られる。