Zabadak

音楽

zabadak

ざばだっく

民族音楽風ロックバンド。

比較的ロック色の強かった第一期(東芝EMI時代)、歌姫・上野洋子を前面に出し民族音楽、特に北欧系に傾倒した第二期(east west時代)、吉良知彦のソロになって再びロックに回帰しつつも中東沖縄など音楽の幅を広げた第三期に大別できる。

事実上のソロレーベルとして株式会社マグネットがBiosphereを立ち上げるも、後にzabadakは単独離脱。現在は個人事務所である有限会社ペネロープがマネージメントを行う。

メディアへの露出はなく一般的な知名度は皆無に等しいが、その唯一無二の音楽性は、好きになる人をどこまでも惹き付けてやまない。

また、近年は演劇集団キャラメルボックス、ラ・カンパニー・アン、劇団ひまわりミュージカルなどの舞台音楽にも非常に力を入れている。

なお2011年より、これまでも歌詞の大半を手がけ、吉良知彦のパートナーでもある小峰公子が正式なメンバーとなった。

2016年吉良知彦の死去ののちも、小峰公子を中心として、zabadakサポートメンバーとともに活動が続けられている。

Discography

GARGOYLE/penelope
CARAMELBOX関連 (ZABADAK名義)
BIOSPHERE RECORDS (CD)
POLYSTAR
MMG INC.(east west japan)
TOSHIBA EMI
BIOSPHERE RECORDS (VIDEO/LD/DVD)
GARGOYLE/penelope (DVD)
  • ZaBaDak à PaRiS
  • 2006~2007@CLUB CITTA'
  • signal live 2003.1.11@nakano zero(ライブアルバム「wonderful live 2004.3.5@club citta'」とカップリング)(asin:B000E0VUB4
GARGOYLE/penelope(ZABADAK名義以外のCD・VIDEO)
CARAMELBOX関連 (ZABADAK以外の名義)
  • ケンジ先生
  • 怪傑三太丸