apt

パッケージ管理システムの一つ。dpkgと協調して動作する。the Advanced Packaging Toolが正式名称。

もともとはDebianのパッケージメンテナンス用に開発されたユーティリティであり、Debian及びその派生ディストリビューションで使われている。パッケージの依存関係を自動的に解決してくれるので環境の構築が簡単に行える。

apt-rpmという RPM に使えるように移植されたものがConectiva Linux (現Mandriva Linux)によって開発されて、現在PCLinuxOSVine Linux等で採用されている。またFedoraなどでもオプションとして使うことができる。