auの庭

ウェブ

auの庭

えーゆーのにわ

携帯電話キャリアauが2008年に展開する新コミュニケーション。正式には「auの庭で。」

イメージキャラクターとして「嵐(あらし)」を起用。auの庭のガーデナーとして、仲間由紀恵も出演している。

auのサービス群を庭にたとえたものであるが、DoCoMo2.0以上に抽象的で分かりづらいキャンペーンとして評判は良くない。

コンセプト

auは庭になります。

そこは、ワクワクすることが起こる庭

垣根もない、可能性がいっぱいの庭

たくさんの人の生活を楽しくする広がり、それがauの庭です。

auの庭は自由です。

auを通じて、人と人、人と社会、人とサービス、あらゆるものがシームレスにつながっていく。

みんなで一緒に新しいことを始めていきたい。

auは、人々の生活に寄り添って進化するプラットフォーム (場所) を提供して、新しい価値を創造していく。

自分の好きなことをいつでも楽しめる、それがauの庭

au携帯電話サービスのイメージキャラクターに「嵐」さんを起用〈別紙2〉 | 2008年 | KDDI株式会社

その庭はワクワクすることが起こる庭。

垣根なんかなくて、可能性がいっぱいの庭。

2008年、auの世界はグッと拡大。

音楽、映像、スポーツ、ファッション、買い物、旅 … みんなの生活を楽しくするその広がりが「auの庭」。

私のケータイには庭がついている! なんて思うとちょっとうれしくないですか?

auを使うひとりひとりが、自分にあった好きなこといつでも楽しめる。そんな庭作り始まります。

え?こんなことまで!っていう広がりをつぎつぎと。

ケータイを庭って考えたら、楽しくなってきた。

404 Not Found