スマートフォン用の表示で見る

b-flower

音楽

b-flower

びーふらわー

日本のバンド。1989年に結成。1990年に四曲入りCDをインディペンデントレーベルから発売したのを皮切りに、ポルスプエスト・レコードの第一弾アーティストとしてアルバム『ペニーアーケードの年』をリリース。その後suite!supuesto!よりメジャーデビュー盤『World's End Laundry 〜メルカトルのための11行詩〜』をリリース。メジャーからのリリースはミニアルバム『Paint My Soul』で途絶え、現在は京都を拠点にインディペンデントレーベルを立ち上げてメンバーがそれぞれ活動している。今では殆どのCDが廃盤になってしまったが、あの手厳しいNMEでさえも(!)絶賛したその繊細で美しい楽曲と演奏、そして何よりヴォーカリスト八野英史による日本語での*1ウィットに富んだ歌詞と澄み切った歌声には今なお根強いファンが魅了されている。

*1:デビュー当時は彼等のようなフォークロック/ネオアコ的なバンドは殆ど英詩に拘っていたこともあって、逆に新鮮な印象を与えた