読書

baron

ばろん

baron(英)

一般には「男爵」と訳される、爵位の一つ。もしくは、封建制の領主を指す一般名詞。バロン*1


割とややこしい話

日本における爵位の五等級、公侯伯子男だと最下位の称号となっている。では本来の西欧貴族でも同じ意味でいいのかというと、そうとも言いきれない。

西欧の称号なので、本義としては「baronyを持ってる男」である*2

「じゃあbaronyってなんだよ」ってことになるが、それは「国または人によって違います」ということになってしまう。

普通に英和辞典を引くだけでも、

n. 男爵の位; 男爵領; 〔アイルランド〕 州, 郡; 〔スコットランド〕 大荘園

goo英和辞典より

と書かれている*3

このあとの話を細かく説明するには「封建制フランク王国の軍制」「自由と爵位王権と」「土地支配の名目と実態」みたいな話が*4必要にはなる。


大雑把でいいならば、「ある程度まとまった土地を支配する人ならみんなbaron」あたりがスタート地点である。

その後、王を頂点に貴族の階層が整理されていくと(「みんなbaron」というスタート地点ゆえに)「一番ありふれた称号=一番ありがたみの低い称号」と考えられた場合が多かったので、「貴族の持つ称号の中では最下位のもの」というスタイルに落ち着くことが多かったのだ、というぐらいの話になる。

*1イタリア語ではバローネ

*2:「baronyを持ってる女」ならbaronessだ

*3:ついでに英英辞典を引くと「baronageの別名」との意味も紹介されており、それはそれで正解への道筋の一つではある

*4:もしくは、各国毎の制度としての貴族の歴史そのものが