スマートフォン用の表示で見る

bing

ウェブ

Bing

びんぐ

マイクロソフトの次世代検索エンジンコードネームは「Kumo」。

ユーザーが検索し、意思決定を容易にするための「Decision Engine」を目指して開発された。

キャッチコピーは「必要な答えを検索して整理する検索エンジン」。

経緯

  • 2009年5月、「Live サーチ」に代わる新しい検索サービスのブランドとして発表。
  • 2009年6月1日に、予定より2日前倒しでサービスが開始。この時点での日本語版Bingは従来のLive Searchの名称が変更されたものであり、新型のBingではない。
  • 2012年5月10日に、アルゴリズムの改良などのメジャーアップデートを発表。

機能

2009年7月1日著名人Twitter投稿を検索。

Kara Swisher Twitter」「Kara Swisher Tweets」「@karaswisher」など、名前とTwitter関連キーワードを入力する*1

Snapshot

ページを開かずに必要な情報が表示される機能。Microsoftと提携する企業*2が提供している検索に関連した情報やサービスが表示される。

ソーシャル機能

サイドバーには、Facebookの友人リストが表示されてる検索内容によって、Facebookの友人の中でも特に関連情報を持っていそうな友人が選ばれ上部に表示される仕組み。そこから直接友人に質問したり、コメントを求めたりすることができる。

検索成功率

2011年08月16日、米国における「Bing」の検索成功率は80.04%となり「Google」の67.56%を大幅に上回る。(米調査会社エクスペリアンヒットワイズの発表)Bingの検索精度、Googleより勝る | スラド IT

*1http://www.bing.com/community/blogs/search/archive/2009/07/01/bringing-a-bit-of-twitter-to-bing.aspx

*2:Yelp、OpenTable、TripAdvisor、FanSnap、Car and Driverなど