スマートフォン用の表示で見る

bossston cruizing mania

音楽

bossston cruizing mania

ぼすとんくるーじんぐまにあ

ロックバンド・ボストンクルージングマニア。

メンバー

バチケン (Drms)

カシマ マコト (BassSix)

カシマ エスヒロ (Vox)

フッタ シンコウ (Bass & CHO)

アキモト コージ (E.GTR & CHO)

93年頃から都内ライブハウスを拠点に活動を開始。

97年頃からトランスミニマル・トリップ系サウンドへと変化。

98年 ファーストアルバム『SSS』を発表する。

99年 様々なコンピレーションアルバムに参加。

00年 セカンドアルバム『bossston/feei/so nasca』 を5月26日にリリース。

    その後ニューヨークツアーと海外へも、活躍の場を広げている。

02年 この頃、またもや音楽性に変化。変拍子が多くなり、歌詞が日本語の現在のスタイルになる。

03年 パニックスマイルの吉田肇をプロデュースに迎え、3rdアルバムの為のレコーディング開始。

    この間にも「spirit of the blues」(P-vine)「hi-style」(ハイラインレコード)「crazys」(yokotin)

    「BIZARRE DEAD」(Headach sound)等のコンピレーションに参加。

04年 3rdアルバム6/25『コミック/再生/シニシズム』をリリース。

06年頭ごろから改名したらしい。(前)bossston cruising mania→(現在)bossston cruizing mania

06年5月から自主企画「TOKYO UNDERGROUND UNDERGROUND」を秋葉原CLUB GOODMANにて不定期開催。キャリア、ジャンルの幅広い、実にヴァラエティに富んだブッキングで、「知る人ぞ知る」注目のイベントである。

過去の出演者は第1回(5/14)には六畳人間、conti、MUDDY WORLD、pasadena。第二回(6/24)には、tacobondsCLISMS、ニーハオ!(from京都)、L?K?O

来たる第三回10/8には、ECD with イリシットツボイ、nhhmbase、Z 、NEW LOW(京都)を迎えて開催される。

バンド名には特に意味はない(?)らしい。