cairo

2D グラフィックライブラリ

という特徴を備えている。

現在、X Window System, OpenGL (glitz経由), Quartz, win32, in-memory image buffers, PNG images, PostScript, and PDF のバックエンドとして利用可能。

さまざまなバインディングが用意されている。

MozillaSVG対応や canvas 要素実装の際にも用いられている。

また、Ruby で実装されたプレゼンテーションソフトの Rabbit でも Cairo が利用されている。